実印印鑑市場


HOME
印鑑無料鑑定
開運印鑑
実印について
銀行印/認印
3本セット
法人印
お客様の声
姓名判断
開運表札
落款印
印鑑のお手入れ
特定商取引の表示
お問い合わせ
リンク
開運印相は実印印鑑市場トップ
印相無料鑑定、印鑑鑑定無料
人相や手相があるように、印にも印相があります。
『印相』は人相のようにその人の人格を表し、手相のようにその人の運命を表します。
間違った『印相』の印鑑を使用していると、思わぬ災いを招くことになります。あなたご自身や子孫の為に正しい『印相学』に基づいた印を使用しましょう。
現在使用の印鑑を無料にて鑑定します。
現在使用中の印を鮮明に押して、住所、名前、電話、生年月日、使用年数を書いてFAXか郵送してください。
印相学の権威があらゆる方向から鑑定し、あなたの大切な印鑑としてふさわしいかどうかお答え致します。
  
印相鑑定お申し込みの方にもれなく
印相の歴史、印相とは、正しい印の使い方、不要な印の処理方法など
掲載された下掲の印相解説書「人生の鍵」を進呈いたします。
スポーツ選手、芸能関係の有名人から、企業家の方々など開運にご興味のある方が、
印鑑鑑定されていらっしゃいます。社会文化功労賞を受賞された内山先生が鑑定いたします。
以下に、印相の診断例を記しております。ご参考にしてみてください。
 
太枠細字の印

自己の運気を減殺し、諸事不如意にして一生苦難多く、発展運のない相。
上下左右に空白のある
        お札の印のようなタイプ


内外の支障交々来りて発展困難を招き、金銭の出入り多く、生涯の平安を得る事が出来ない相。
古印体(虫喰い)の印

労多くして功少なく、不平不満の意ありて無理に伸びんとして失敗し、損害厄災多く非運の相。
小判型の印

進取の気性に乏しく事を成せば損失多く、災難重なり一生辛苦多い相。
斜め彫りの印

内外不和にて志望挫折し、病厄、失敗、災禍多く特に家庭運に恵まれず、晩年孤独の相。
その他の凶相印 ●指当り付の印
●水晶の印
●合成樹脂の印
●欠けた印
●二寸丈の印(6p)
●先継印
 等



















FAXでのお申し込み
FAX: 06−6311−0074
      印相鑑定申込書(inshodo)
お名前
ご住所
郵便番号 〒     −
生年月日
印の種類   材質
使用期間
ご使用中の印の押型
   印相鑑定申込書(inshodo)
鈴木太郎
大阪市北区天満1−6−3
〒530−0074
電話 06−6311−6641
昭和23年1月10日生まれ
銀行印   象牙
3年ぐらい           








今すぐお申し込み下さい!
郵便でのお申し込み


印相鑑定(inshodo)
山本太郎

 大阪市北区天満1−6−3

 〒530−0074

電話 06−6311−6631

昭和5年11月3日生

認印  つげ

3年くらい     

今すぐお申し込み下さい!

お気軽にお問い合わせください。
TEL 06(6311)6217 実印印鑑市場係



Copyright(c)2005 Inshodo,Inc. All Rights Reserved.